さくらんぼ保育園
児童福祉法に基づき法人の基督教精神である信頼・希望・愛をもって乳幼児の保育を行うことを運営方針とする。
子どもたちの健やかな心身の成長を育むために、より良い保育者の育成と環境づくりを心掛けています。
また、たくましく生きる力の基礎づくりと、人や環境に心配りのできる優しく知識豊かな人づくりを目標とし、保護者・地域・関連機関と共に子育て支援に努めます。
《たくましい子ども》
くつろいだ雰囲気の中で、意欲的にあそぶ力を育む。
薄着の習慣を身につける。
戸外での活動を十分たのしむ。
《やさしい子ども》
友だちの気持ちに気づき、わかろうとする思いを育む。
社会生活の基礎となる態度を養う。
《身の回りの事ができる子ども》
食事・排泄・睡眠・着脱衣・清潔などの好ましい習慣を、毎日の繰り返しの中で自立の芽生えを養う。
《自分を表現できる子ども》
生活やあそびの中で一人一人の思いをじっくりと汲み取るようにし言葉にする事の必要性と自分の思いが相手に伝わることのここちよさを味わう。
園外保育での自然とのふれあいから、五感を通して培われる豊かな感性と知的好奇心を育み観察力・認識力・思考力を養う。