ナーサリーみにふう
  子どもたちの元気な挨拶と笑顔で、一日が始まります。お子さんの体調や、連絡事項など、お聞きします。  
  牛乳・季節のくだものや自然食品の菓子などを用意します。
0歳児のお子さんには離乳期に合わせた調理法で用意します。
 
  子どもたちの発達(段階)に合わせたクラスのカリキュラムに応じて、楽しく遊びます。
 
食事風景はこちら
  子どもひとり一人の成長や発達段階に応じた献立作りをしています。
「食」を通して「心も体も元気な子」になってほしいという願いのもとに旬の食材を使ったメニュー、色どり豊かに個人差や食欲に応じた盛り付けなど、又行事食や郷土料理なども取り入れ「わぁーおいしそう」「はやく食べたいね」と毎日ウキウキ・ワクワクさせながら食べてもらえる、そんな食事作りを心がけています。
アレルギー除去食、またその日の体調にあわせた食事など細かく対応します。
 
  一人ひとりの生活リズムも考えて(ゆったりとした雰囲気の中で)睡眠をとります。寝る前に絵本の読み聞かせもしています。年長児はお昼寝をしない日もあります。  
おやつの様子はこちら
  園の1日の生活の中で、おやつは子どもにとって楽しみのひとつです。やさいや果物など使い、おいしく健康的なおやつを心をこめて手作りします。
又、それ以外では、自然食品のお菓子を用意します。おやつを食べて、好きな遊びをしながらお迎えを待ちます。